戻る

ラフ←           →清書段階

 

左がラフ構想段階。右はだいたいこんな感じで行こうと決めた段階。
右の清書のほう、集中線はとってますが、この段階では間隔は合わせてません。
消失点がカナリ遙か遠い場合など、かなりの紙をつぎ足さなければパースがとれないような構図の絵の場合、パソコンに取り込んで簡単な集中線を取り、印刷に出して、そのあと正しい間隔のパースを取ります。

見ての通り、6月にラフを描いて、描く時間が無くて放置していた絵です。


戻る