戻る

画像や文の転載・転用・配布・加工利用などは一切禁止です。

■下絵 03/10/14up



だいたいの目線(アイライン)を決め、人物描写ペン入れ→敵描写ペン入れ
ラフ画も描かず、こういう描き方はヤバイかもしれません。
今回は構図をあまり計画的に描いて無かったです。
ペン入れの段階では、絶対ホワイト修正はタブーなので、
背景を入れた後におかしいところ、ペンで描き直した部分を修正。
関係ないけどガイコツ剣士のスカートが透けて……ε=ε=(((((((*ノノ)
…誰も見たくないか。



クリフトの腰とケツの間くらいの目線(アイライン)になりますので、
カメラさんが見上げる形の絵になるのはお分かりになると思います。
ラフ画なしだったので、この段階で適当に背景を考えて描いていきました。(←計画性がないので本当は良くない)
右と左に消失点があるのはよく知られてますが、このように見上げる構図の場合は必ず上に消失点があります。
なのでこの場合、柱の線を上に消失点をつくって、そこに集中させると、もっと良い感じになります。
上から下を見下ろす絵の場合は、その反対で下に消失点があるということです。お試しあれ


余談:
塗り段階時点で、「げ!ベビーサタンのしっぽがないっ」と気づき

これを別用紙に描き、くっつけました。
…形が似てるメガ●ン3のジャッ●フロストを一時沢山描いてたので、そのノリで描いてて忘れてました。


戻る